« 陰陽説  | トップページ | 伊勢原の高森の中華桂花楼 »

CHA-茶

みなさんこんばんわ 本日は前回の続きで私の趣味であります 陰陽説とお茶の関係を書きます よろしくです!さてそれでは・・・つまらないと思うかも知れませんが、かなりこの話は感動しますよぉ 。最初にもかきましたが、陰陽説だとかお茶文化だとかかっこいい事書いてますが、これは中語料理の原点でもある【医食同源】の思想、つまり、「毎日の食生活こそが、健康につながる」という予防医学に近い考え方が根付いております。最近では、日本でもメタボリックとか若年性糖尿病とか 昔では考えられない病気が増加し、テレビの視聴率取るための特集で取り上げるなど、注目されております。またそれだけ国民も健康に関心があるという裏づけでもありますが・・・とか言いつつも、自分自身であったり子供には食生活の事で厳しく接する事が出来てない親たちの存在も否定できません。健康志向がどんどん進む中、国民の食生活自体は何も変ってない現実が今あります。メディアを通じてで納豆がいいらしい 胡麻がいいらしい、 温野菜がいいらしい と言えば翌日のスーパーの売れ筋が分かるほど単純化しております。そうゆうことでは無く・・食生活とは何ぞや!!という事をおばあちゃん おじいちゃんに聞いてみてください 明治、大正生まれの人々の食生活こそが予防医学の考え方だと私は勝手に思ってます。あくまでも私の個人的な考えですが・・これからの時代に健康というキーワードは切手も切り離せないと思います。何千年も前から健康について、深く考えていた中国、中国料理、中国文化は今後日本が頼らざるを得ない選択肢になっていくと思います。水分補給は必要だ 水を飲まなければならない しかし飲めば飲むほど浮腫みが出る可能性がある、 ならお茶のほうが良かろう 蟹を食べる 蟹は体の体温を下げる作用がある、ならば一緒に生姜をたべよう  昨日はBBQをやった  今日は肉より得られる余分な火気を取り除く為に、「寒冷/冷静」作用のある 緑茶を飲もう 茄子を食べたらプーアル茶を飲む 体を温めるから・・・・また油を摂取したらプーアル茶を飲んで油を流そう  だけど空腹時プーアル茶を飲みすぎると油を流す作用が強いから胃が荒れちゃうよ。。。 空腹時は出来るだけ避けよう!! 等々 食べ合わせのようなものですが「冷温」、つまり陰陽のバランスを取ることがとにかく大切のようです。このバランスが崩れると病気になると東洋医学では考えるそうです  なるほろぉ~!! それではまた次回お会いしましょう!! 

|

« 陰陽説  | トップページ | 伊勢原の高森の中華桂花楼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/296783/6915896

この記事へのトラックバック一覧です: CHA-茶:

« 陰陽説  | トップページ | 伊勢原の高森の中華桂花楼 »